ナイスミドルの休日

ナイスでミドルな年頃になり、人生を振り返りながら日々の出来事を綴る

【難聴:真珠腫闘病記-01話】耳鳴り放置したら死にかけた話

私は子供のころ、鼻水をかまず全力ですすっていた。


いまでこそ、その癖はなくなったが、当時は現代のように身近にティッシュもなく「鼻をかむ」という習慣が備わっていなかったのだと思う。

この悪き習慣が、のちの大きな病につながるとも知らずに・・・

 

 

 

 


鼻をすする癖があったせいで、耳の鼓膜は常に内側向き、音がこもった状態にするのが通常の状態なっていた。
普通の人が、 高低差で耳キーンてなったときに耳抜きすると思うのだが、その逆の状態にしているといえばイメージつくだろうか。


そして時は経ち・・・
41歳厄年真っただ中。


昨年の夏ごろから、やたら耳鳴りが気になるようになり(夏場に森林にいるような状態で周囲でセミが鳴きまくっているような耳鳴り)今年の年始、 耳鼻科で診察してもらったところ少し気になる部分があるという事で、大きな病院の紹介状を書いてもらった。


そして精密検査・・・


ここ数年、耳鳴りや人の声が聞こえにくいなど不調の原因が判明。

 

ここ数年、私を悩ませてくれた病

その名は「真珠腫」

 

見た目が真珠のような腫瘍だから、真珠腫というのだとか・・・

 

この腫瘍は良性なのでガン化する心配はないらしいが、鼓膜からの音を伝える骨(耳小骨)を溶かしながら肥大していくという厄介な奴らしい。

放置しておくと、味覚や顔面神経、最悪の場合、髄膜炎で生命の危機に陥るらしい。

 

対処法は、オペによる腫瘍の除去と、鼓室の再建のみ。

 

色々と情報を調べると、全身麻酔で後頭部に穴開けて、腫瘍を取り除き鼓室を再建するらしい。

詳しくはCTを取ったので、また来週、画像を見ながら状態を把握し、今後の具体的な話をしていくのだが、どうなることやら・・・

 

人生初の全身麻酔。

不調の原因が判明したので良かったとポジティブを装いつつ、オペの恐怖に震えながら次回の診察を待つ!

 

※完治するまで「難聴:真珠腫闘病記シリーズ」は不定期で更新していきます。